映画「サロゲート」(2010年)を知っていますか?

今、2020年、すごい変換の時代を迎えているけれど、もし、あの映画のような事になるのかと思うと。。。

肉体がいらなくなるの?

 

ストーリー

 

脳波で遠隔操作できるロボット(サロゲート)が開発された近未来。

人々はサロゲートを分身として使役し、

自身は家から一歩も出ずに社会生活を営むことが可能(※1)となった。

生身より高い身体能力や、自由に選べる容姿など、サロゲートにはさまざまなメリットがあったが、最大の特徴は安全性(※2)にあった。

機体になにが起きてもオペレーター(操作者)には気概が及ばない。

その絶対的な安全性が人々に支持され、需要は急拡大。

発表から14年後には普及率98%を達成していた。。。

 

という映画で、2010年に観たのですが、

 

これ、現実味出てきたなぁ。

 

※1・・・工学研究者 玉城絵美さんの研究で現実に。

TIME誌が選ぶ、「世界の発明50」に、2011年選出されている1984年生まれのリケジョ。

 

※2・・・ひきこもることで、ウイルスにも感染しない。

 

 

 

その先は、「TIME/タイム」(2011年)あたりかしら?

ストーリー

 

科学技術の進歩により、すべての人間の成長が25歳で止まり、

そこから先は、左腕に埋め込まれた体内時計「ボディ・クロック」が示す余命時間だけ生きられる近未来は、

数字がなくなる前に増やさなければ死んでしまう恐ろしい世界。

「時間」が通貨(※3)としてすべてを支配する世界は、貧富の差が大きく、時間を持っている富豪は永遠に生き、時間のない貧民はその日暮らし。

だがこれは、人口を減らすための政府の陰謀だった。

そして、富豪ゾーンは、想像もできない世界があった。。。

 

 

※3・・・暗号通貨で世界共通通貨が現実へ

 

どちらも衝撃を受けて、よく覚えています。

でも、今の状況から進んでいきそうな気配がすごくします。

 

 

あと、本では「永遠の森」(2004年)

ストーリー

 

地球の衛星軌道上に浮かぶ巨大博物館「アフロディーテ」。

そこには全世界のありとあらゆる芸術作品が収められ、

データベース・コンピュータに直接接続した学芸員たちが、

分析鑑定を通して美の追求に慎んでいた。

 

 

 

スマホだとかタブレットの時代は一瞬で通り過ぎて、

 

簡単に言ったら、

 

体の一部になんらか埋め込んで、

 

頭のどこかに意識を集中すれば、コンピュータのあらゆる情報につながって、情報を引き出せるようになる。

 

っていう時代になるっていうことなんですが(^^;)

 

慣れればなんてことなく

世界の人口でも、国と首都でも、50年前のヒットソングでも、昨日の肉まんの売り上げでも、なんでも‟ポッ”とひらめくように分かっちゃう世の中。

(だから、「調べたらわかるようなことは、覚えなくていい」と言った‟ゆとり世代”の感覚、覚えていますか?現実となりそうです。)

 

 

ついでに言うと、ピラミッド型のランク分けがされていて、

上層部の人にしか検索できないことももちろんあるわけで、

下層の人がいくら調べようと思っても、そんなことは逆立ちしても分からないわけで、

 

ということは、「ノアの箱舟」があったとしても、

乗れる人は乗って異星にビューン。

 

乗れない人は、箱舟があったことすら知らずにふるい落とされる、というか、見えない世界。

 

 

となるらしいです(^^)

 

 

「見えない」んだからどうしようもないですが、

「見えてる」人たちは、これから「ノアの箱舟」に何を乗せるつもりなんでしょうね?

 

もう乗せて出発のカウントダウンに入っているのかな?

もしかしたら、もういない?

 

 

母親(60代)に話せば、そんなことは「ずーーっとずーーっと先のこと」言いました。

 

私は、あっという間なんじゃないかと思っています。

 

手元・足元だけみていても、きっとだめだし、

自分の事・自分本位になってしまっても、きっとだめなんだと思います。

 

遠くを眺めて、他人のことを考える

 

これって、「天国の長い箸で食べさせ合う話」みたいですね。

 

「地獄の長い箸」にならないように、過ごそうと思います。

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA