駒形依子医師の本を、夏休みに2冊読みました。

 

私は、28歳の生理の時に、ひどい生理痛で、顔が真っ青になって、一瞬気絶したようです。

 

一人暮らししていたのですが、たまたまお正月で、帰省中にその様子を父が見て、「病院に行かなあかんレベルや」

 

と言われ、(私は、生理だからしょうがない、と思っていました。)正月休み明けに、婦人科に診察に行けば、

 

「子宮内膜症」だと言われました。

 

 

それでもサイズは小さくて、2センチ程のが1か所だけ。

 

経過観察は必要だけれど、手術とか投薬の必要はないとの事。

 

 

その後結婚して、無事、出産も出来ました。

(内膜症は、妊娠・出産・授乳期の2年ほどで、枯れました(^^)v)

 

そして、今年はじめ、1年毎の定期健診で、

「子宮筋腫の小さいのがある。」

と言われました。

 

 

これも、すぐに手術が必要なレベルではなくて、経過観察だと言われました。

 

 

ただ、子宮内膜症にしても、今回の子宮筋腫にしても、右側で、どうもつっぱったような痛みがあるんです。

 

気にしすぎ、ストレスは弱い所に出る、なんて聞きますが、

 

小さいにしても「ない」わけではないのです。

 

 

と思ってたら、

「自分で治せる!!」

 

っていう先生がいるじゃないですか!!(本)

 

 

女医さんだし、

経験から、生理の不条理や、不調、などなど、

良く分かってくださっている!!

 

「そうそう!」

 

と思いながら読み進めて、書かれているセルフケアを、実践して、3か月。

 

どうやら良い感じです。

 

●お風呂で体を洗うのに「おっぱいはずし」を組み込んで、毎日。

●朝とか寝る前に、「肩甲骨はがし」を、できるだけ毎日。

●寝る前に、ベッドで「骨盤ストレッチ」を、出来るだけ毎日。

●電解質を含む水分を多くとるようにも書かれているので、生理中は、2Lのポカリスエットを冷蔵庫に入れておいて、飲みました。

 

 

他にも、膣トレとか、おまたカイロとかあるのですが、全ては組み込めていませんが、これらをはじめて、左右のの生理が終わった、次から、

私は効果を感じました。

※次の生理から明らかに分かる人もいるそうなので、個人差や、取り組み方にもよると思います。

 

 

それは、

①「月経量が、少しだけ減ったよう。」

 

二日目の昼間は、夜用ナプキンを当てても、2回は漏れて、下着に付くほどの月経量でしたが、それは「過多」だと書かれていて、怖くなりました。

 

生理の量って「多いなぁ」と思っていても、他人と比較できないから、ついつい自分基準になってしまうけれど、

それだけ血液が外に出てるということは、普通じゃない。

 

「毎月お産と同じくらい、それ以上に出血している

可能性があるということ」

 

おかしいですよね??異常です!

 

ちなみに男性が400ml献血した場合、3か月間は献血禁止だそうです。

その理由は、体が回復するのに最低でも3か月は必要だと考えるからだそうです。

 

 

毎月毎月、回復する期間もなく、もしかしたら500ml以上も出血している人の体は、いつ回復するのでしょうか???

 

そりゃぁしんどいに決まってる!!!

 

私なんか、出産の時に1800mlの出血をして、

母子手帳の「出血量」の欄には、【多量】と書かれています。

 

その時に医師に言われた言葉は、はっきりと覚えています。

「本当に女性の身体ってすごいです、男性だったら、これだけ出血したら、気を失って動けないですからね。」

 

 

こういうことだったんだぁと、出産から6年経って、知るという。。。

 

とにかく、経血の量を正常に戻さないと!!

 

1回の生理の正常量は、平均40ml。エッ???

●多くても140ml前後で、150ml以上は過多月経。

●日中でも夜用ナプキンが必要な人は過多月経で、毎月お産をしているような状態。

 

正常な経血量なら、(一日ではなく)一回の生理期間に、
昼用ナプキンが2枚あれば足りるはず、
3枚あれば余裕だそうです。

 

 

今までの自分、怖すぎる(><)!!!

 

無知すぎる(><)!!!

 

 

毎月お産とか、本当に無理ですよね!!

 

それを、当たり前のように我慢していたなんて、恐ろしすぎます。。。。。

 

 

でも、夜用ナプキン売ってるし、そういう人って、実は結構いると思うんです。。

 

 

良くないですよね。

 

まだ効果を感じて一回しか生理来ていないのですが、今後も続けて、経過良くなったら、また報告したいです。

 

 

生理に関して、いろいろと書かれていて、自分が作った常識を覆してくれるので、中学生から大学生の娘さんを持っている親御さんや、

生理に悩むパートナーがいる方は、

この本を渡してあげると、今後も毎月来る生理が、少しは楽になると思います。多分。

 

良かったら読んでみてください。

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA