この言葉で、とっても気持ちが楽になりました😄

 

実は、この秋、体調が悪い時が波のようにあって、

 

その中でも強烈にしんどくて、『食べられない日』がありました。

この前後の事は、いずれ書きますが、

 

 

水を口に含んでも、そのまま出してしまうほど、

なんにも喉を通らず、

朝はお腹がすかず、

夜も要らない。

 

 

子どもの頃から、「3食食べる事が当たり前」で育ったし、

元気がない時は、「食べれば元気になる!」と思っていたので、

 

1日でもおかしい。

2日も3日も続くなんて、相当おかしい。。。

 

 

 

その後、食べることが出来るようになっても、

やっぱり「要らない」と思う事が波のようにやってきて、

 

自分の中で納得できなくて、

ものすごく違和感🥲

 

「食べる、朝昼晩お腹が空く、それが当たり前」

なのに、

「朝お腹がすかない、昼食べたら夜ご飯はいらないと感じる」

 

そして、実は「お酒も7月末から欲しくない」。

 

 

自分の中で「おかしいって!」という事が起こって、気持ちと身体の感覚の違和感を埋めるために、

 

「1日2回の食事で十分だと思います。」

 

という言葉が、とても染みました😂

 

 

 

軽く「1週間くらい食べなくても死なないよ。」と言われても、「そんなわけないよね〜」と思ってしまうし、

 

 

「身体が要らないと言ってるんだから、従ったら良いよ。」と言われても、「このままじゃぁ、以前ほど元気になれないかもしれない」って不安になるし。

 

 

で、東洋医学の先生に聞いてみました。

 

すると、上の言葉と、「仙人クラスになると、基本『豆』だけで生きていけるようになるらしいよ。」と教えてもらう事ができました😌

 

すると、だいぶ気が楽になりました。

 

 

 

 

水も受け付けない数日の間、

自分では「おかしいおかしい」と思っているのに、

身体は動くし、頭も動いているし、毎日うんちが出たんです。

 

食べていないのにです。

 

「不思議不思議」

 

そして、また「食べられるな」と思って食べ出したのが1週間後くらいだったんですが、

毎日出ていたのが一旦止まりました。

便秘では無いのですが、元に戻ったと言う感じ。

 

 

出ていた当時を振り返ると、「スルリ」と出ていました。

 

 

なんだか訳のわからん事が起こっているという気持ちと、身体の狭間にいる『私』。

 

 

どういうことが起こっているのか、

「起こっていた」とわかった時に、お話ししたいと思います。

 

 

この2020年秋の体験は、1話のブログでは話しきれないので、少しずつ明らかにしていきたいです😊

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA