歯医者の定期検診で、待ち合いにあった雑誌をペラペラとめくっていたら、目に留まりました😊

 

赤ちゃん、肌を離すな、

幼児、肌を離して手を離すな、

少年、手を離して目を離すな、

青年、目を離して心を離すな。

 

すごく良いなぁと思って😌

 

小学生になって、お友達と過ごす時間も増えて、周りの子達を見ても、手が離れてきたように勘違いしていましたが、

まだ手が離れるには心許(こころもと)なくて、

それなのに、目を離すとか、まだまだだなぁって。

 

 

ずっと思っている事ですが、

たびたび初心に戻らさせられるのが、

「他人と比べない」

という事。

 

 

他人より優位な気分になったり、

→そしたら、いじめられたり、羨ましがられたりする。

→目立たないように気を使う。

他人より劣等感を抱くと、

→いじめたくなったり、嫌いと言ってしまったりする。

 

劣等感て、ネガティブな感じに傾きやすいです。

優位感も、孤独になりがちで、難しい。

 

 

こういうささいな気持ちを察してやれる親心を、いつまでも持っていたいなと、私は思います。

 

 

自分がキツイと、肌が離れれば、手も離れて、目も離れて、心も離れるだろうと期待しますが、

 

案外、肌に戻りたい日もあったりします。

 

抱きしめるのに1分。

 

もう良いかな?

と思っても、一緒に住んでいる限り、毎日ギューをし続けたいなと、思っています😊

 

 

大学生のお子さんを持つお母さんに会ったので、

「なんだか手が離れるのかなぁと思ってたら、そうでもなかった」と伝えると、

「そんなんまだまだよ〜!」って笑われました😅

 

 

抱っこして、全身の体重をママに預けて寝てた頃は過ぎましたが、

まだまだ可愛いお手手を握っていたいと思ったママでした。

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA