この言葉、以前よく言ってた時があって。

 

 

今は言ってなかったのですが、たまたま愛先生が、

「はらいたまえ」は、ハタキで上の埃を下に落として、

「きよめたまえ」は、そのまま浄め(清め)たまえという事。

 

 

とおっしゃっていて、

思い起こした昔の記憶。

 

田舎のお仏壇、ハタキではたいていたおばちゃんの記憶が蘇って来て。

 

 

おばちゃんは、毎朝家中を掃除していて、床には何もない状態で掃除機をかけて、拭けるところは全部拭いて回って、家中の窓をあけて、空気を流して、毎朝シャワー浴びて、化粧して出掛けていた。

 

 

 

田舎のおばあちゃんの家、掃除しているのは見たことなかったけれど、いつもなんでも水で拭くから、水屋(みずやタンス・・・食器棚)が湿気て、水臭いってお母さんが言ってたっけ。。

 

 

おばあちゃんの代くらいまでは、ハタキで誇りを落として、畳や廊下を箒(ほうき)ではいて、床や窓を拭いて、いつも綺麗にしていたんだと思います。

 

確かに“ハライタマエ キヨメタマエ”は、そういう事だったのかと、腑に落ちました。

 

 

当時は、4人家族で、電気代は500円ほどだったそう。

 

 

今では、地方によりけりだけれど、10,000円前後。。。

 

 

掃除機、洗濯機、炊飯器、冷蔵庫、お風呂、ドライヤー、電子レンジ、クーラー、テレビ、スマホ、パソコン、、、、。

 

 

随分と便利になったようで、家電の無い生活は想像出来ないほど離れてしまったけれど、埃は昔よりもすごく多いんじゃないかしら。。。

 

ほんの2代前までは、家電の無い生活をしていたわけで、

 

それまでは、ずっと無い生活で、畑のものを食べて、地域でとれたものを食べて、日がのぼれば起きて、暗くなればゆっくりと休む生活だったわけで、

 

 

5代前のおじいちゃんおばあちゃんも、10代前のおじいちゃんおばあちゃんも、変わらない生活だったと思うと、目まぐるしい変化に適応して来たんだなぁなんて、不思議に思っちゃいます😌

 

 

 

とりあえず、埃は落とした方が良いですよね。

出来れば毎日。。。

 

拭き掃除も大事ですよね。

 

 

モノが多過ぎるかもしれない。。。

 

 

床に何もない状態を保つ。

 

 

確かに清貧(せいひん・・・貧乏だが、心が清らかで行いが潔白であること。余分を求めず、貧乏に安じていること。)である事こそ、

私欲を捨てて、あらゆるものを欲しがらなければ、気持ちに余裕が出来るかもしれませんね。

 

 

 

あれもこれも欲しい、

あれもこれもしたい、

あれもこれもしなければ、

あれもこれもしなければ、、

あれもこれもしなければ、、、。

 

 

 

かいてるそばからシンドイ😅

 

 

 

欲しい、したい、しなければから離れると、心はおさまります。

 

 

この、モノや情報や、サービスが溢れる現代において、私欲や義務から逃れるのは大変かもしれませんが、清めるためには、祓って埃を落とす事からはじめないとなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA