病院から、妊活に取り組んでいる日本中の方に、

 

「しばらくの間、体外受精など休止するように発表」された

という記事を読みました。

 

予防薬•対処療法が確立されていない為との事です。

 

今、妊婦さんが感染することを考えたら、まだ妊娠していない方は、

冷静な判断をもって、妊活をお休みする方がよいと思います。

 

そうすると、4月から先、受胎率が減る事は考えられるなぁと思いました。

 

今年の年末から来年にかけての出産率は下がることになりますね。

 

 

実は私も、結婚したらすぐに妊娠出来ると思っていましたが、なかなか授からず、その時は本当にヒステリックの一歩手前まで行きました。

 

なにかの原因で、1か月機会を逃すことに耐えられないほど、心は擦り切れていました。。

 

 

のちに知人に話したのですが、

「カップルがたくさんいるレストランにいるんだけど、

前菜がでて、お料理が来て、デザートとコーヒーが出て、食べ終わったカップルはお店を後にする。

でも私たちの席には、次のお皿がなかなか来なくて、

でも後から来たカップルにはデザートまで出て、先に帰っちゃう。

私たちのテーブルには、いつ次のお皿が来るの?

でも、順番が来るまで席は立てないし、怒ることもできない

ただ待つことしかできない。」

 

そんな気分でした。

 

待っている間は、「夫婦の絆を深める時」とか、「二人だけの時間を楽しんで」。

 

って書いてあるけれど、〚月に一度のタイミング〛って、その日だけじゃなくて、生理が始まる予感のある1週間・生理が始まった日・排卵日に向けての気持ち・排卵日前後の夫婦仲・排卵後の過ごし方・・・・一日も心を空っぽにして休まるときは無いじゃないですか?

 

お酒を飲んでもいいのか、

頭痛がするけど、薬飲むのやめとこうか、

腰痛あるけど、妊婦は湿布はダメって言われた、

重い荷物を運ぶのは、今日でなくても良いか、

怖い映画は精神面を刺激しすぎるから見たくない、

旅行の予定、立てていいのか悩んで、心から前向きになれない、

温泉も排卵期以降はなるべく入らないようにしたい、

 

 

とにかく妊活中の心って、妊娠中よりもかなりナーバスで、水たらしたらすぐ穴が開いちゃう襖紙(ふすまがみ)みたいなもろさでした。

 

だから、「妊活中止」って言われた人たちの気持ちを思うと、涙が出てきます。

 

ただ、現状を見ると、現在妊娠中の方もいらっしゃるわけで、

国は「妊婦に休業要請」を出していない為、現在も今まで通り働いている妊婦さんが、たくさんいらっしゃるそうです。

 

●育休(育児休業給付金)をもらうためには、一定の決められた日まで働かないといけないとか、

 

●育児休暇後に復職予定だとか、

 

色々な理由で働き続けているんだと思いますが、

現在有効的に解熱する薬は、妊婦には禁忌の薬だとか。

 

一番大事にしなくてはいけない妊婦さんを守らないで、どうする?!

 

まず、妊婦さんが最優先なんじゃないの?!

 

と、私は怒っています。

 

 

こどもを産む大切な体を、大事にしたい。

 

ただそれだけが願いです。

 

妊婦の気持ちも、妊活中の気持ちも、なってみないとわからないかもしれないけれど、想像することは出来るはずだし、大事にしてほしい。

 

みんなから大事にされてほしい。

 

自分でも大事にしてほしい。

 

これから生まれてくる子どもとの生活は、なにものにもかえがたい、大切で大きくて素晴らしいものです。

 

だから、大事に。

どうか、大事に。

 

まわりにいる人は、確実に妊婦さんをサポートしてあげて欲しいです。

 

安心して妊娠・出産出来るように、早くなりますように。

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA