備蓄の話なんて、

 

私は中学生の時に、阪神大震災を経験しているし、

 

その2年前には、米騒動も経験して、タイ米も食べた。

 

その後、東日本大震災や、熊本地震もニュースで見て、

 

 

その度に言われ続けている、食糧備蓄。

 

 

 

なのに、最近は、今まで以上に目にするようになったので、周りに言ってみるけれど、食糧備蓄に興味ある人は少ない。。。

 

そりゃそうかも。

 

今、食料は普通に安く手に入るし。

 

値上げされると聞いても、まぁ、買えないわけじゃない。

 

今までにもこうやって数%ずつ値上げというのはあったけれど、相対的にみて、あんまり変わって来なかった感じするから。

 

一旦買えなくなっても、また買えるという状況。

 

 

だから、食料備蓄の大切さは、何十年も前から言われ続けている。

 

けれど、いざ役に立った経験はない人がほとんど。

 

 

その中で、今、本当に食料備蓄は必要なのか⁉️

 

は、個人個人が見極めるしかない。

 

これもまた、人に言われてする事ではないという事なんですよね。

 

 

前に書きましたが、缶詰と、調味料と、

玄米は真空パックにして、

あと、ガスコンロとボンベと、水。

 

 

必要だと思う量を、備蓄しておくことは、当たり前という前提で、

 

それが3日分なのか、1週間分なのか、1ヶ月分なのか、半年分なのか、一年分なのか、二年分なのかは、人それぞれですが、

 

守れるのは家族の分までで、

それ以外の分までは、備蓄なんて、なかなか場所もお金も必要なのですから、

 

 

やはり、自分の家族を守れる程度の物を用意しておくと、良いかなと思います。

 

 

「食糧備蓄は生命保険」と言った人がいましたが、その通りだなって思います。

 

 

 

あとは、食糧難になっても、生き抜く力。

 

 

無駄死にするつもりはありません。

 

 

心穏やかで居られるように、

工夫したり、考えたり、遊んだり、

そして、自分で出来ること、作物を育てたり、山菜や野草を調べたりして、

あたたかな未来を描きたいです。

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA