食欲というものは、ほんとにすさまじいもの、我ながら呆れるけれど・・・・・・ちょっと、いじらしいところもあるような気がする。

 

お金や権力の欲というのは、どこまでいってもかぎりがないけれど、食欲には、ほどというものがある。人それぞれ、自分に適当な量さえとれば、それで満足するところがいい。

 

おいしいものでおなかがふくれれば、結構、しあわせな気分になり、まわりの誰彼にやさしい言葉の一つもかけたくなるから-しおらしい。

 

いま、食べたいと思うものを、自分に丁度いいだけ-つまり、寒いときは温かいもの、暑いときは冷たいものを、気どらず、構えず、ゆっくり、楽しみながら食べること。どうやら、それが、最高のぜいたく-そう思っている。

 

女優 沢村貞子さんの本。

 

この本、結構有名で、ドラマ化されていたり、語られたり。

 

でも、もっと前から知っているのは、

娘が生まれるよりも前からブログを読ませていただいている、

マダムアキコさんが紹介されているのを拝見したからです。

 

知ってから、図書館で探して読んだんです。

 

私も、新婚当初や、離乳食当初は、

どちらも数ヶ月、献立をカレンダーに書いていたのですが、

いつの間にかやめてしまいました。

 

沢村さんのように、何年も何十年も書き続けて、

それを置いて置くことができたなら。。

 

私は、教科書もかなり書き込むタイプ(^^;

ノートも字がいっぱいf(^_^)

スケジュール帳も、フリースペースまで、めいいっぱい使いきるタイプ!

 

でも、書いたものでいっぱいになると、捨ててしまいたくもなる。

 

メモの類(たぐ)いを、スケジュール帳にまとめて書き直すことはするけれど、

昔のスケジュール帳は、もう一冊も残ってないんです。。

 

むしろ、残しておいた、メモが、いつまでも残っていたりσ(^_^;)?

 

 

あと、11才から始まった、生理の記録ノートも、今年、やっと捨てました。

 

あのノートのお陰で、生理中心の生活になってしまっていたんだと気づいたのが、30年近く経った最近だったなんて。。。

 

ずっと記録を続けるということ。

 

怒りや感情を乗せず、

今の天気、気候、旬を気にして、

食に向き合う。

 

忙しい現代人に、真似が出来るだろうか?!

 

穏やかな気持ちに、毎日向き合い、過ごす、重ねる、続く、そしてふりかえる。

 

今の大人は、

昔の大人と比べて、まだまだ子どものような気がするのは、私だけかな。。

 

 

カテゴリー: books

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA