前回チューリップの花の時期に行った、和泉リサイクル公園が、

バラ満開と聞きつけて、行ってきました!!

前回のチューリップの記事はこちら:チューリップ畑がとってもインスタ映えでした!

アイスバーグ 1958.ドイツ

●カザンラク

ブルガリアで採られる、ヨーロッパで主流の香水の原料。

とっても良いかおり。

かおりは強い目。

●マダム・アルディ 1832.フランス

庭師が、奥様のために改良し、奥様の名前を付けたバラ。

カザンラクと同系のかおり。

かおりは少し弱くやさしい。

幾重にも重なる花びらの中央に、グリーンアイが特徴。

プリンセス・ドゥ・モナコ 1982.フランス

万人受けするかおり。

イングリット・バーグマン 1984.デンマーク

真っ赤なバラ、「このバラが大好き」とにこやかにおっしゃっている方がいらっしゃいました。

●ブルー・ムーン 1964.ドイツ

有名だと思う。いい香りだと思ったら、

昔、石鹸にこの系統の香料が良く使われていたそう。納得。

青紫色のキレイなバラ。

なつかしいかおり。

●芳純 1981.日本

日本の会社が、このバラで香水を作っている。

良いかおりだけれど、私はあまりなじみのないかおりに感じました。

●フリージア 1973.ドイツ

たまたま黄色いフリージアと同じ名前だけれど、こちらもバラ。

甘くて強い目のかおり。

ふれ太鼓 1974.日本

花びらの色が段階的に変わる品種。

黄色からはじまり、紫外線焼けして、赤くなっていき、最後には白っぽくなる。

とてもきれいなんだけれど、かおりがほとんどない。

そういうバラのことを、“ほほえみのない美人”と言うそう。

 

言い過ぎのような気がしたけれど、バラって確かに『いいかおり』のイメージが強いから、

かおりのしないバラは残念。。

 

美人でも微笑(ほほえ)みがないと、残念という事ですね。

●ミスター・リンカーン 1964.アメリカ

強烈なにおい。

真っ赤で素敵。

十六夜バラ

“いざよい”バラとは、写真の通り、欠けてるように咲くバラだから。

十五夜(じゅうごや)は満月。

欠けのあるバラは、満月を過ぎた、欠けた月に例えた呼び名。

とっても日本らしいネーミング。

●ダブル・デライト 1976.アメリカ

フルーティなかおり。

ピース 1945.フランス

終戦の年に発表されたバラ。

発売はアメリカが最初に行ったそうです。

●パパ・メイアン 1963.フランス

ヨーロッパで人気の大輪。

●ハマナス(ジャパニーズローズ)

母が「ハマナスのかおりが大好き」と言っていたのはずっと記憶にあったのだけれど、

ハマナスがバラ科だったとは露知らず(^^;)

 

こちらで多分はじめて嗅いだかおりは、

とっても良いかおり!!!

私も好きになりました。

こちらのバラの花の付け根に、香油(こうゆ)がキラリと光っているのがわかりますか??

この香油は揮発性のアルコールで、天気が良い、乾燥している、風が強いなどの条件で、飛んで行ってしまいます。

朝、日の出から8時までが、150%のかおり。
8時から10時までが、100%のかおり。
その後、どんどんかおりが少なくなってきます。

そして、満開に開ききった花よりも、
つぼみ~開きかけ位の花の方が、かおりが強いです。

 

●サニー・ノック・アウト 2009.フランス

そして、この名前の右上に赤い●のシールが貼られているのが、かおりがあるバラです。

 

私が写真の下に書いているそれぞれの名前にも、●印がついているものが、かおりが強くて、●印がない名前のバラは、かおりがありません。

 

この赤い●のバラは、必ずにおいをかいでくださいね(^^)

 

いいかおりの目印です!!

お昼過ぎて行く場合や、バラのかおりがあまり感じられない方は、

トンネルの中のバラは、日蔭になっているせいか、風も防げるせいか、まだまだかおりが強かったです。

このトンネルは、駐車場に近い場所です。

●フェリシア というバラのかおりが、濃くて、とてもいいかおりでしたよ。

 

ばら・バラ・薔薇②ラベンダー畑もステキです! につづく。

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA