私が心理学科で勉強していた頃、

ある同級生に言われた言葉。

 

 

衝撃を受けて、「そうなんだぁ」と、素直に聞き入れてしまったんだけれど、今、

 

「それって本当かなぁ?」

って、少し疑問に思う。

 

 

 

ミミズを見て思い出したんだけれど、

迷信なのかなぁ?小さいころに聞いてた、「ミミズにションベンかけたら、病気になる」って言うの。

 

 

ミミズのいるような場所だと、バイ菌が跳ね返るという事だったのか?ただ、子供が外でオシッコしない為の言葉だったのか?

 

分からないけど(^^;)

 

なんか、この言葉には、『オシッコとミミズが繋がってる』という場面が浮かびませんか⁉️

 

 

オシッコ通じて、ミミズのバイ菌が上がってくるような。

 

 

で、やっぱり、「頭の中で何考えても良い(言わなければ良い)」という言葉掛けは、あんまり正解じゃないんじゃないかなぁと思います。

 

 

例えば、子どもが「○○ちゃん嫌い!!学校来なかったらいいのに!」って言った場合、

 

「そんな事言っちゃだめ、あなたが同じように言われたらどう思う?」

 

と、

 

「そう思ったのなら、言いなさんな。頭でだけ考えておき。それなら良いから。」

 

 

って言うのと、全然違う結果だと思う。

 

 

精神科が必要になった世の中の背景、

スクールカウンセラーが必要になった背景、

 

個食が問題、アレルギーが問題、暴れる、異常行動など。

 

個食が問題なら、どうして子どもが1人で家に居なくちゃいけないのか?

 

親はどうして家を空けないといけないのか?

 

その親自身は子どもの頃どうだったのか?

 

そのまた親はどういう人だったのか?

 

その時代の世の中は、そういう人達を助けてあげれなかったのか?

 

・・・

 

 

原因解決しない限り、精神科が増えても、対処療法なだけで、解決しないまま。。。

 

 

その心理カウンセラーがもし、「何を考えてもいいんです。あなたは悪くない。」と言い続けていたら、どうなんだろう?

 

私なら、「あなたは悪くないかもしれない。でも、今生きにくいのならば、今までとは違う方法を考えましょう。あなたは治りたいのですよね?」と言いたい。

 

 

なんとなく、ミミズを見て思った話★

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA