マドモアゼル・愛先生の言う、

保存食2年分を用意しておきましょうという話なんですが。

 

 

①みそ

②米

③梅干し(or塩)

④水

⑤太陽

さえあれば、大丈夫🙆‍♀️

 

 

食をシンプルに考えた時、

保存食や、ローリングストックには、やはり限界があるなっと。

 

 

で、上の5つを摂っていれば、人間は死ぬ事は無いという事は、コレらをきちんと蓄えてさえいたら、怖い事は無い👍

 

 

と。葉っぱ野菜やら、大根、人参などは、袋に土入れてきて、種が有れば、育てることが出来ると😅

 

 

お菓子なんか無くなったら、慢性病も無くなって、体にとっては良いと😅

 

 

でも、考え方なんですが、

根拠無く、「何とかなるよ〜〜!!」っていうんじゃ無く、

 

最低限がコレだから、「何とかなると思わない〜〜?!」って示してくれると、

 

私なんかは、「そっか!!!」って、楽になるんです😇

 

 

 

私の場合、片頭痛が起きた時に、塩を舐めると、スーーっと良くなります。

 

また痛むと、スワイショウをします。

 

また痛むと、塩を舐めます。

 

スワイショウします。

 

 

身体をゆるめて、塩をなめます。

 

それで良くなれば、お薬を飲む必要が無くなるので、出来るだけ飲まないで済む方法を実践中です😊

 

 

そして、頭痛がすると言う事は、身体は休みたいという事なんだろうな。

と、体に耳を傾けるようにしています😊

 

 

雨の日にだるかったら、

「そうだよねぇ、大雨の時に、絶対にしないといけない事って、大昔だったら無いよねぇ。

家で出来ること(例えば漁師なら網の手入れ、農家ならクワの掃除やカゴを作ったり。。。)、したらいいんだもんね。」って、体のだるいのを受け入れます。

 

予定を変えられるなら変えて、

変えられなくても、オーバーワークしない様に気をつけます。

例えば、仕事帰りに買い物行きたかったけれど、明日で良いなら今日はやめておこう。という感じ。(あくまで体がしんどい時ですよ。)

 

 

 

少し前の私はこういう考え方はありませんでした。

 

頭痛の時は、薬を飲むし、

今、やる事リストに上がっていることは、出来るだけぜんっぶしてしまわないと気が済まないから、ちょっと無理しても、思いついたことは「やってしまう」タイプでした。

でも、どうしてもオーバーワークしてしまうクセを何とかしないと、アップダウンが激しくなってしまって、疲れてしまうので、今、練習しています☺️

 

 

 

なんか思い出したんですが。。。

20代の頃に、同僚達とサーフィンに行った時に、

「この人はなんか違う」って思っていた男の子が、なにが違うか分かったんです。

 

『波待ち』することが出来る精神。

波待ち・・・沖で、ボードに乗って、波が来るのを待つ行為。一つの波には一人しか乗ってはいけないルールがある。

 

 

笑っちゃいますが、私、波待ちという行為に感動して、悟りのような神々しさを感じたんですよ。

 

すなわち、余裕だと思うんですが、当時の私にはなかった。

だから、同僚の波待ち姿に、そして自分が波待ちをはじめてしてみて、気が付いた。

 

 

それから15年の月日が経っても、私、まだ余裕とは程遠い生活だったみたい(^^;)

15年経って、また気づいて、やっぱり「余裕」への憧れ、

今度はもう少し「悟り」に近づけるかな(^^)

 

 

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA