現在、ジャヤカフェの奥に、二人の作品が展示されています。

 

右側は、水彩絵の具でスケッチされる作家さんで、ジャヤカフェの雑貨コーナーに、ノートやポストカードなどの商品も販売されています。

額に入った展示品も、一部購入することが出来ます。

 

 

今回紹介するのは、左側の、「まやの切り絵」です。

 

◆『どうやって作っているのですか?』

「下絵を描いた紙を、刃先の細いハサミを使って切っていきます。ペンカッターを使うこともありますが、ハサミで切る事が多いです。」

 

◆『図案は自分で考えるんですか?』

「すべて自分で考えています。私の場合、紙をじっとみていると、絵が浮き出てくるように感じる時があります。

おもむくままに絵を描いて、いざ切ろうと思った時に、『なんでこんなん描いたんだろう??』と思うような細かい絵になっているときは困りますが、出来上がった時の達成感は、『また次完成させたい!』という気持ちにつながります。」

 

◆『絵の勉強をされていたのですか?』

「全く経験ありません。絵を描くことは比較的好きだったと思いますが、習ったことはありません。

私の切り絵は空想上の絵です。

ですが、切り絵をはじめてしばらくした時に、久しぶりに友人の家に行ったら、私

の作った切り絵と同じような姿形の鳥の置物があって、驚いたことがあります。

(中に模様があったのではなくて、顔の向きや、しっぽの形など、輪郭がそっくりで、コピーしたようでした。)

切り絵をする前に見た記憶が、私の手を動かしていると思って、潜在意識の存在を感じる一幕でした。」

 

◆『1枚どのくらいの時間で完成しますか?』

「下絵を描くのに時間がかかる時もありますが、切るだけなら、30分~2時間くらいだと思います。」

 

◆『作品数は何点ですか?』

「今までは、オリジナリティを見つけるまで、たくさん作品を作ろうと思って、完成した数は300点になります。

娘が生まれる前に、大阪府高槻市で、2度個展を開かせてもらったのですが、これから作りたいなと思っているヴィジョンがあるので、また個展を開けるくらい、作品数を増やしたいと思っています。」

 

◆『値段が付いていませんが、おいくらですか?』

「現在、個展をしたいなと思っているので、販売は考えていません。

ですが、ぜひ、展示しているものは世界に一つしかないオリジナル作品なので、見に来てください!

一人でも多くの方に見ていただけたら、うれしいです。

現在はこの5点ですが、またクリスマスシーズンには、展示作品を変える予定です。

展示させていただけるジャヤカフェさまに、感謝しております。』

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA