私の考え方ですが、

 

『こどもに夢を持たせるのが大人の務め』

だと思っています。

 

幼い頃から大人と同じ扱いをしたり、こどもの夢を笑うようなのは、見ていて気持ちよくありません。

 

大人の都合で『大人』を振りかざしてこどもに接しているのは、気持ち良くないなと思うんです。

 

これは、『現実を教えてる』と勘違いしている人がいると思います。

 

 

こどもが甘えるのも、わがままを言うのも、至極あたりまえのことなのに、『小さい大人』として接するのは、まったくおかしい。

 

『こどもはこども』だと認識して、

◎今は甘えたいときなんだ。

◎今は泣きたいときなんだ。

◎今はプリキュア(仮面ライダージオウ)になりたいんだ。

◎大きくなった時の夢はサッカー選手なんだ。

 

と、今のありのままの、微笑ましい成長を、親も楽しめるのに。

 

▼暑いからあっちいって。

▼うるさいなぁ。

▼プリキュアになりたいって、キグルミ着たいの?

▼サッカー選手なんて、なれるわけないやん。

 

こういうことを聞くと、胸が痛くなります。

 

「なにがあったの?!こどもはなにか悪い事でもした??」

全部大人に余裕がないせいで、こどもを傷つかせてしまっている言葉ではないでしょうか?

 

 

私は身近なこどもたちに、夢を聞くのが好きです。

 

横で聞いてる親が、「そんなん夢なん?!」って、言おうが、その子の今の夢がそれなら、どうどうと教えてほしい☆

 

 

私も、昔「幼稚園の先生になる」のが夢でした。

 

ずっとそう言ってたんですが、小学生だったある時に、「そんなんなれへんで」って言われて、とても大きいショックを受けました。

 

誰に言われたのか、どんな状況で言われたのか、覚えていませんが、その言葉の鋭利なナイフは、幼い私の心を傷つけました。

 

いまだに心が覚えていて、この時のことを思い出すと涙がでるんだから、相当なショックだったんだと思います。

それから何年も私の本当の夢「幼稚園の先生になる」を言えなくなってしまいました。

 

どうしてその人は、まだ幼い小学生にそんな冷たいいじわるを言ったのでしょうか?

 

わかりません。

 

でも、今、地域差はあるかもしれませんが、たまに子どもにズケケと、言葉を選ばずに発する人を見かけます。

 

そして、3歳くらいの女の子が、他のこどもを馬鹿にする場面に出くわしました。。

 

 

攻撃的な言葉を子供にあびせると、攻撃的な言葉を使うようになります。

 

大人は、もっと子どもの前に、言葉を選ばないといけないのではないかな?

 

幼い頃に見た夢を、大きくなった時に共有できるのが親子だと思うから。

スケジュール帳とか、ノートとかアルバムに書き残しておいてほしい。

2歳の時の夢・3歳の夢・4歳の夢・5歳の夢・・・・・

 

 

ちなみに、私は大人になって保育士の資格を取得しました。

 

幼い時の夢は、きっと大人になっても近くにあることだと思うんです。

 

こどもの『夢』聞いてみてあげてほしいな。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA