なんで急にこんなことを?と思うかもしれませんが、

“体を行きたい方に向ける”

“行きたい方に目線を向ける”

 

という事、

スポーツをする人には当たり前と思われるかもしれませんが、これってすごく大事なことなんです。

 

ピンとこない方は、サッカーやバレーボールを思い出してもらってもイメージがつくと思います。

ボールの真ん前に構えて、ボールを送りたい方へ目線を送って、蹴る。

そうすることで、思い通りの場所にボールを送ることが出来ます。

 

ヨガやダンスでも、

「天井の方にむかって~」とか、

「指先の先の方に意識を持って行って~」

と、目線の持って行く方を意識します。

 

それは、目線をそっちに向かせると、体がそっちに向かうからです

それが効果的だからです

 

これはスポーツにおいてだけではありません。

 

もちろんプロのスポーツ選手、棋士(きし)、マジシャンなどは、目線を送らずともプレイ出来るように特訓しますよね?それは、目線を読まれてしまうと、手の内を見破られるからです。

 

「目線を読む」ということは、子どもの頃から知らずのうちに、もしくは誰かに教えてもらって、たいていの人がなんとなく出来るようになっているようです。

 

☆ババ抜きで、ジョーカーを渡したいが為に、それを見続けてばれる。

なんてことから訓練されるのでしょうか(^^)

 

で、ここ!!

これって、大事なことなんです(2回目)!!

 

なぜって、何かしようとする時だけじゃなくて、

普段の生活でも無意識の中でも行っているからです。

 

欲しいものが目につきやすくなるし、

好きな人のことは目で追ってしまうし、

気になっていることは気になってしょうがないし。

 

良い事でも悪い事でも。

 

例えば、ガードレールや看板には、車の当たった痕があります。

あと数メートル先なら、当たらなかったのに、どうして?

という時、人はそこを見続けている状態です。

目線を外したら、目線の方に数メートル避けられたかもしれません。

 

スノーボードをする時、

やはり目線で動きます。

スピードが出ている時なんかは、少しの油断で

シャーーーーーーっと進んでしまいます。

行きたい方向を見ると、体が勝手にそちらに向いてしまうんです。

 

意識よりも先に視覚があるのなら、

行きたい方向を見るのが効果的です。

 

でも、意識するという事も、とっても大切なことなんですよ。

 

先日高野山に車で行った時、平日なので

対向車も、前にも後ろにも車はほとんど通りません。

道幅はきちんとありますが、

くねくねと曲がりくねった道を、対向車のないまま下っている時、

「キープレフト」

の看板がありました。

頭の中で「キープレフト」をリフレインさせながら運転しました。

これは「意識」です。

 

みんな小さい時から、向いた方に体が動くことも、行きたい方に体を向けることも

あまりにも当たり前にしているから、忘れてしまっているかもしれないけれど、

良い事にも悪い事にも、

目線ってとっても大事なんです☆☆☆(3回目)

 

高野山での記事はこちら↓

①常喜院 仏様のお手にすっぽりとおおわれてなんだかうれしい

②弘法大師空海 「三鈷(さんこ)の松」伝説

③塗香(ずこう)・白檀(びゃくだん)シナモンのおかげですべすべお肌?

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA