18時頃の、ライトアップ

クロージング 奉納ライブ は、今年で4回目

 

慈尊院さんは、高野山のふもと、九度山にある、女人高野です。

 

数回参拝させていただいているのですが、

駐車場が狭いこともあって、前もってライブの時の駐車場を聞きに行きました。

 

すると、この夏、大いに遊んだ『九度山町民プール』の駐車場から、裏道を歩けば、すぐとのこと!!

『慈尊院橋』がありました。

こちらは、多宝塔。(オン・アビラ・ウン・ケン)

多宝塔の前で、ライブが始まりました。

 

はじめに副住職とのコラボレーションがありました。

お経にピアノ音楽を重ねるという斬新な一幕。

姉妹ピアニストの【あまのね】さん

やみさんとりかさんの音、という意味だそうです。(紀ノ川出身)

 

①エナジーフロー

②愛燦々(あいさんさん)

③未来へ

④飛行機雲

⑤糸

⑥花は咲く

⑦時代

 

全て、知っている曲ばかりで、連弾ピアノの音色はキレイで、とっても感動しました。

次は、サウンドアートユニットの【あわ屋/AWAYA】さん

 

まず、司会者さんの朗読『高野山のゴンの話』にサウンドを乗せるというのからはじまりました。

あたりは暗く、寒くなってきて、

 

エコーを効かせた音楽、雅楽のような音のするフエを使った音楽、アコースティクギターを使った音楽、重なる音楽と、4曲されて、

 

最後副住職のお経とのコラボレーションで締めくくられました。

 

フエと鈴を使って奏でられる音楽は、私には怖すぎて、飲み込まれまいと必死になりました。

 

折しも昨日は大台風の後。

 

神様が怒っているような、もしくは夜のもののけがいるような感覚になってしまいました。

 

でも、アコースティックギターの音楽の時には、しずめてくれるような、ゆったりとした気持ちにもなりました。

 

 

感じ方はそれぞれだと思いますが、

高野山のふもとで、よけい、感じてしまったのかもしれません。

 

 

どんどん暗く寒くなっていく中で、どんどん音が重なって、大きくなる波紋に飲み込まれそうで、神様の声のような気がしてしまいました。

 

サウンドミュージックのライブでは、身を預けられる時もあったはずなのに、今日はなんだかただ怖かったんです。

 

 

感動して涙がこぼれる曲もあったし、

ゆったりとした気分の曲もありました。

 

ライブの終わる頃には、こんなにも真っ暗になって、ライトアップもとてもきれいでした☆

 

立ち見のお客様も多くいらっしゃって、

今回は一人で来れて良かったと思いました(^^)

 

娘(4歳)を連れてだと、じっくり聞くこと出来なかったと思います。

 

一緒に行くつもりだったのに、一人で行って来て良いよって言ってくれて、ありがとう。

世界遺産 丹生官省符神社 への階段にもLEDライトの灯篭があって、とてもきれいでしたが、キレイに写っていませんね(^^;)ごめんなさい。

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA