[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子宮内膜症は自分で治せる [ 駒形 依子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/4/15時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

膣の女子力 女医が教える「人には聞けない不調」の治し方 [ 駒形 依子 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/4/15時点)

楽天で購入

 

 

 

前にも紹介した本です👉本「膣の女子力」•「子宮内膜症は自分で治せる」駒形依子先生を読んで。

 

 

 

私は、生理痛はほとんどなかったのですが、PMS(月経前症候群) で、生理前に酷い頭痛が毎回あり、

鎮痛剤を常飲していましたし、財布に👛必ず鎮痛剤を入れて持ち歩いていました。

肩こりも酷かったので、肩こりからの頭痛にも、鎮痛剤が必要で、「無人島に行く時に持って行くものは『鎮痛剤』だったほど、頼っていました。」

 

 

そして、血液量も多いな、とは思っていましたが、何をするでもなく、「これが自分のカラダ」だと思って受け入れていました。

 

が、アラフォーなのに、どうも経血量が増えて、朝方漏れる、外出先でも日中にトイレに行かなかったら、夕方には漏れる。。。

 

 

元々多い目だったので、生理中は濃い色のズボンをいつも履いていましたが、上からチュニックのような物を着ないと、もしもの漏れが、、、、。

 

となってきていました。

 

人って、なんとなくそうなっている時って、あまり深く考えず、受け止めてしまっている事ってあると思うんですが。。

 

でも、「これ、おかしくない??だって、生理でもスカート履いたり、白いパンツ履いてる人っているよね??」って、ハッて思って、そんな時に目についた本だったんです。

 

 

もともと生理痛の重かった、女医さんが実体験を盛り込んで書いた本です。

 

本当に、この本に出逢えたことに、私は感謝しています☺️

 

テレビでは、婦人科医がニコニコ笑顔で、全く反対の事を言っていたりするのを聞きますが、私は実体験として、駒形依子先生の話に助けられたので、ぜひ女性の皆さんに読んでもらいたいし、

小学・中学・高校での性教育に使って欲しいくらいです‼️

 

 

ただ、毎日マッサージをするだけです。

 

前に、美魔女マッサージを受けた話も書きましたが👉美魔女講習💓受けてきました❣️さとう式リンパマッサージ atジャヤカフェ

 

この方、とっても美しくて、女性らしくて、触りたくなる柔らかさのある方。

 

あと、おっぱい仙人さんの講座の話も書きましたが👉おっぱい講習 受けて来ました💖 atジャヤカフェ 2021年3月27日

 

このお3方の言ってるマッサージは、全部共通していました。

 

 

という事は、やはり『女性ホルモン』の通り道をマッサージする事で、女性特有の悩みが、スーーーーッと流れるという事ですよね❣️

 

 

あと、おまたカイロも、冬の間はよくしました。

 

 

今は暑くなってきましたが、寝る頃なんかに、お股がなんだか『冷え』を感じる時があります。

 

私の場合は、生理直後や、生理前に感じます。

 

 

特に生理1週間前位から温めておくと、尚良いようです💕

 

 

そうこうして、2年以上経ったでしょうか?

 

 

今では、鶏卵ほどの出血量です🥰☺️🥰

 

 

多分、1番多かった頃は、500mlくらい毎月出血していたんでは無いかと思うんです。。

(毎月出産レベル・・・😱)

 

 

大袈裟な‼️と思うかもしれませんが、私は20代後半から、布ナプキンを使っているので、本当によく分かります。

 

 

布ナプキンのサイズは、S・M・L・LLと有りますが、以前は2日目・3日目は、LとLLを日に何度も交換しないといけませんでした😣

 

 

でも、今は、2日目だけLを使いますが、それ以外はMで日中は持ちます。

 

 

漏れの心配も無くなって、予備のナプキンを持ち歩く必要も無くなりました。

 

 

 

これが事実です。

 

 

 

そこで、2年ぶりに婦人科に行ったのですが。

(なぜか毎年子宮頚がんの診察券が届くんですよね。毎年する必要は無いと思いつつ、2年前までは、送られてくるので、毎年行ってました😰

とりあえず、落ち着いているうちに、2年空いたので、検査だけと思って、去年の秋に行ってみました。)

 

 

 

で、問診があったので、

「生理の量はどうですか?」と聞かれて、

 

「本を読んで、マッサージをするようになって、経血量が減りました!」と伝えたら、

 

そんな事はまず無いです。」と言われました😳

 

 

 

もう2度とここには来るもんか❗️

 

 

瞬間で思いました。

 

 

この本は、数年前のベストセラーですよ。

仮にも同業者なのに、読んでいないのも、勉強不足だし、

患者(検診者)の言ったことを、全く聞く耳を持たなかったのには、呆然とするしか無かったです。

 

 

 

 

紹介してくれた方には申し訳ないけれど、「これが評判の良い医者なのか⁉️」とも思いました。

 

 

 

子宮頚がんの検診は、受けるつもりが無かったので、券を持って行かなかったら、次回持ってきてくださいと言われましたが、予約せず帰りました。

 

 

それでも、子宮頸がんの診察券は送られ続けて、

それを当たり前に受診し続けることに、

みんな疑問を持って欲しい。。。。

 

 

子宮頸がんは、ほとんどならない病気なのに、毎年一回子宮頚部を擦られて傷付けられて、それが治るのに1か月かかるとしても、毎年「異常なし」の人が、検診を続ける必要はないと思いませんか?

 

受診券があれば、無料~1,000円程度で受けれますが、

財源は税金から出ていますし、保険適用であれば、残りも税金から病院に支払われます。

 

必要ない財源の使い方だと思います。

 

 

そこは私が言ってどうなる事でもありませんが、

なによりも、医師が患者の話を聞かないのも驚きでした。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: bookshealth健康

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA