またまた、やっちょん広場開催の、

柿狩りに行ってきました!

 

柿って、すごく種類も多いんだそうですね(^_^;)

知らなかった!

 

今回柿狩りさせてもらったのは、

 

『九度山の富有柿』

11月の中旬頃から美味しくなるそうで、

1番良い11月30日土曜日の開催でした!

 

今頃の柿は、どれを取ってもハズレがないというほど\(^o^)/

 

木からハサミで取る方法をレクチャーしてもらったら、

美味しい柿の見分け方♪

 

果物は、大きいほど美味しい!

みなさん知っていましたか?

桃もブドウもリンゴも柿も、大きいほど美味しいんですよ♪

小さくって美味しいのは、みかんだけとか♪

 

色の濃いのを選ぶ!

青みのではなく、赤みの濃い色のを選ぶと、甘いです!

 

葉っぱと実の間がすいてないものを選んでください。

葉っぱがベターっとくっついてる方が良いです。

これを聞いて、早速柿狩り(*´∀`)♪

 

豆知識もご紹介☆

柿の種ありと種無しの違いについて。

ぶどう狩りの記事の時に、

ぶどうの種ありと種無しについて書きましたが、

 

柿の種ありと種無しは、また全然違いました!

柿の種ありは、春に受粉したものだそうです。

子孫を残すために、種が出来ます。

そして、種ありの方が、甘いそうです。

 

(これはぶどうでも同じですね♪)

 

で、種無しは、ただ受粉をしていないから。。。

の違いだそうです!

 

とっても分かりやすい\(^-^)/

 

昔は種ありが多かった気がするという方もいると思うのですが、それは、昔は全て、人の手で受粉をさせていたからだそうです。

事実、その方が甘くて、腰の高い柿が出来るからでしたが、

高齢化も進んだり、種無しの方が好まれることもあり、最近ではあえて受粉をしないそうです。

 

だから、むしろ、種ありに当たるのは少なくなっているのです!

 

蜂とかが、自然に受粉させたものにしか、種が入らないなんて、なんだか、アタリって感じしませんか?(*´∀`)♪

 

種ありを包丁で切るとき、固いし、

種ありと無しの差が分からなかったのですが、聞けてとってもスッキリしました♪

 

これからは、種ありは、ヤッター\(^o^)/って食べられますね!

柿の回りについている、白いプルーム!

ぶどうにもありましたね!

これは鮮度保持のために、果物が自ら噴いてるものです。

 

タオルでキュキュっと拭けば、ビックリするほどピカッピかにツヤツヤになって、見違えます(≧▽≦)

 

柿農家さんは、今のこの時期、柿を取ったら、夜は1個1個丁寧にタオルで磨いて、箱詰めして、とっても忙しいそうです♪♪♪

 

●春、ゴールデンウィーク頃に、手間をかけて、つぼみを少なくすると、

秋、甘くて大きな柿がなります。

手間をかけなければ、秋、鈴生りに小さな柿が沢山出来てしまい、高くは売れないです(’-’*)

 

つるし柿について。

一般的に、つるし柿やあんぽ柿につかわれるのは、(渋柿の)種無し柿です。

こちらは、きれいなオレンジ色に仕上がります!

(完全甘柿の)富有柿で作ると、黒くなります。

 

でも、出来ないわけではないそうです!

 

ただ気を付けないといけないのは、カビρ(・・、)

 

暑いとカビが生えやすいそうなので、寒くなってきてからつくってくださいね☆

 

 

あ、ただ、柿の栽培には、あまり寒い地方は向いてないらしくて、

青森県とかで柿を作っても、渋い柿になるそうです!

 

果物って、(その他ももちろん)奥が深いですよね~\(^o^)/

 

いつも言ってますが、果物県の和歌山県、年中フルーツがあるので、ぜひ遊びに来てくださいね☆

 

次は、柑橘ですよ♪♪♪


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA