アーユルヴェーダ

 

と聞いて、説明できる人はどのくらいいるでしょうか?

 

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語で、『生命の科学』という造語で、古代インド発祥の伝統医学です。

 

 

アーユルヴェーダでは、病気を患ってしまったときの治療はもちろん、

 

食事やヨガなど、日々の生活習慣を通して、

 

病気になりにくい心身を作り、維持するための、予防医学・生命哲学として、今注目されています。

 

医食同源を基本とするアーユルヴェーダでは、

古くから、免疫力を高める不老不死のハーブとして、

ホーリーバジル(トゥルーシー)を用いてきました。

 

 

ホーリーバジルについては、これまで多くの医学的研究もなされています。

 

インドの家庭では、庭にホーリーバジルの木が植えられ、

風邪を引いた際、

ミルクに生姜とホーリーバジルの葉を入れて飲むのだそうです。

 

はちみつに漬けたり、

紅茶に加えたりと、

自分のお気に入りの味わい方を持っているようです。

 

ただし、作用が強いので、持病をお持ちの方や、薬を服用中のかたは、

飲み合わせによっては、薬の作用を半減させてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

そう、このホーリーバジルの紅茶が、

ジャヤカフェで飲めるし、

買えます!(* ̄∇ ̄*)

◆ストレス

◆月経前症候群などの改善

◆血液浄化

◆免疫力向上 等々

 

上記をご覧ください。

 

食べ物や、サプリメントで、医学的根拠のあるものは、実は少ないです。

 

ただ、研究課題にたびたびなって、古代から伝わる不老長寿のホーリーバジル、

興味が湧きます!

 

気になる方は、ぜひ一度、ジャヤカフェで試してみてくださいね\(^-^)/


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA