内職をしている間、

 

ミシンをかけたり、アイロンをかけたりするので、テレビは観れないし、

 

YouTubeで音楽を聴くことが多かったんですが、

「星野源さん」好きです。

 

最近、お話を聞くことが多いです。

「本田健さん」

「斉藤一人さん」

を聞いていたら、

「山崎拓巳さん」が出てきました。

 

 

そこで、『そうだなぁ』って思った話。

 

【認識が変わって、人生が変わる】

という話なんですが、

「幸せに敏感な人と、不幸に敏感な人がいる」。

 

 

って、私も最近思っていたんです。

 

「この人、いっつも悪い方に気が付くなぁ、なんか話しててもあんまり幸せな気分にならないなぁ」

 

って思っていて、

 

きっとよく気づくのはすごい仕事とか出来るんじゃないかな?

と思います。(一緒に働いていないので知りませんが、こういう人はたいてい仕事が出来ます。)

 

でも、思考がネガティブに敏感で、私とは違うって思っていました。

 

 

私や、私のまわりは、割と幸せに敏感だったと思います。

 

「おいしいねぇ」

「これいいやん」

「しあわせやねぇ」

「くれるの?ありがとう!」

 

 

でも、

「あんまりやったわ」

「もういらない」

「なにが面白いかわからん」

 

とかが口癖のように感じる人がいます。

 

 

 

山崎さんいわく、

「見ること、聞くことは、自分で選択しているんだよ」

 

 

幸せになりたいんだったら、しあわせに敏感になること!

 

不幸せな人は、いつまでたっても不幸せに敏感だから、そっちに導かれる。

 

 

って。

 

その人が不幸せかどうか、私の知るところではありませんが、

 

私や私のまわりの人には、「幸せに敏感」であって欲しいなぁ。

 

と願います。

 

 

人それぞれで、その人それぞれいい所があるので、人を変えることは出来ません。

 

でも、自分を変えて、幸せに導かれるとしたら、とても明るい未来になるような気がします(^^)

 

 

山崎拓巳さん、明るくなるお話されているので、またYouTube聞いてみようと思っています☆

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA