いつも人気者のお釈迦様に嫉妬した男が、

お釈迦様の評判を落とせば、自分にも日の目が来ると思いました。

 

お釈迦様に向かって『悪口』をたくさんたくさん言い放って、たくさんたくさん言ったら、言い返してくるだろうと思ったんだけれど、

お釈迦様は全然言い返してこないので、

男がくたびれてへたりこんだところに、

お釈迦様がこう尋ねました。

 

 

「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」

 

こう聞かれた男は、突っぱねるようにこう言いました。

 

「そりゃ言うまでもない!相手が受け取らなかったら、贈ろうとした者のものだろう。分かりきったことを聞くな。」

 

男はそう答えてから「あっ」と気付きました。

 

お釈迦様は静かにこう続けられました。

 

 

「そうだよ。今あなたは私の事をひどく言った。

でも、私はその罵りを少しも受け取らなかった。

だから、あなたの言った事は、全てあなたが受け取る事になるんだ。」

 

 

 

過去記事にもあった! :私を作った話‟信者編”

 

 

こういう話って、知っていて損は無いなと思います。

 

 

『相手は自分の鏡』とか、

『自分のした事は回り回ってくる』とか、

色々ありますが、この話はとくに分かりやすいです。

 

 

(お釈迦様の立場になった時)

嫌な感情を向けられたとしても、静かに受け取らない。

 

(ある男の立場になった時)

嫌な感情を向けてしまっても、相手にされていなければ、早く気付けないと、ずっとその気持ちは自分が受け取り続ける事になるという事を知っておく必用があります。

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA