やっぱり、いろんな不調症状の理由が、食にある。

 

 

お医者さんも気付いて来てる。

 

 

 

お米とお味噌汁に、少しの野菜を食べて、よく働いて、よく寝て、消化する「本来の身体」に、

 

 

過剰に食物を入れて、消化出来なくなってる身体を、救ってあげないといけない。

 

過去記事:本『万病は体毒から生じます』船瀬俊介氏「波動医学」

 

 

で、日本は、食品廃棄がすごく多いです。

 

そもそも作り過ぎだし、

 

お弁当•お惣菜は、工場からトラックで、夏場でも腐らないように食品添加物たっぷりだし、電子レンジで温めて食べる。栄養無いです。

 

 

インスタント、レトルト食品も、賞味期限問題で、廃棄される分が必ず出てきます。

 

 

これらを作るのに、食品添加物がたくさん使われています。その数1,500種類以上。

(国によって、種類を分別する基準などが違うため、どこの国よりも多いとか言えませんが、『かなり多い方』だと思います。)

 

 

日本の食品は新鮮で清潔だから日持ちするのでは無いです😭

添加物によって守られているんです😖

 

 

●「着色料、合成保存料は使っていません」は、他の違うものを使っているだけ。

●激安食品は、添加物の塊。

●激安な飲食店では添加物によって、超長期保存可能な食材が大量に使われている。

●惣菜についてくる醤油は、添加物で作った、醤油味のタレ。

●常温でも異常に長持ちする和菓子。

 

 

食品添加物は、体に急激な変化が起こるわけではなくて、長期間摂り続けていると、体が解毒することが出来ず、蓄積したものが、悪影響を及ぼすようです。

 

 

 

食品添加物とは、

食品の形を整えたり、色や味を整えたり、日持ちを向上させる為に使われる物質の総称です。

 

欧米では、危険性があると採用されていない食品添加物が、日本では認可され使用されていることはあまり知られていません。。。

 

食品添加物については、「心配ない」と思われがちですが、

「健康に害をもたらす危険なもの」と警鐘をならす研究者もいます

 

食品安全委員会は、一つの食品添加物をとった時の、動物実験で、安全な量を、認めているに過ぎないので、

 

 

加工食品をそれほど食べていない人と、毎日加工食品を食べ続けている人では、リスクが違うのではないかと懸念されています。

 

 

 

私の記憶では、

「日本人の4人に1人はガンになる。」

と言ってたと思うのですが、

最近では

「2人に1人はガンになる。」

と言ってるらしいです。

 

 

医療の進歩、どうなってるの⁉️(笑)

 

全然進歩してないどころか、酷くなってる⁉️

 

だとしたら、食べ物のせいもある。って、普通気付きそうですが、多分、気付いた時には、もう病気になってるんでしょうね。

 

 

日本にいる限り、食品添加物から逃れることは出来ないです💦

 

ならば、10食べているなら、5にしたり、2にする努力をしようと思います。

そうすれば、売る方も変えていくはずです。

 

 

将来の自分や子どもや孫に影響してくることです。

 

今だけの考え方では無くて、

投げやりではなくて、

丁寧に暮らしを整えたいと思っています。

 

 

子どもや孫たちが、幸せなくらしを手に入れられるように。

 

 

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA