彼岸花の時期になりましたね😊

 

 

田んぼの周りに咲くヒガンバナは、

もぐらが穴を掘ってしまわないように、球根に毒を持っています。

「葉あり花なし、葉なし花あり」とも呼ばれるヒガンバナ。

 

花の時期は花だけ。稲刈りの時に葉が邪魔しない。

冬は葉だけ。の賢い花だそうです。

それは、まわりに緑の葉っぱがたくさんある時期よりも、周りが枯れてしまってからの方が、贅沢に光合成が出来るから、「花だけ咲いてから、草が生える」という、他の植物とは反対の性質を獲得した、賢い植物という意味。

 

面白いですね(^^)

 

奈良のとある神社から、隣の神社まで歩こうと思って、田んぼの間のあぜ道を1人歩いていたら、

 

「迷ったの?」

と、向かいからおじ様が😅

 

「いえ、隣の神社まで徒歩18分って出たから、歩こうかなぁと思って😅」

と言ったら、

「こんな所歩いてる人居ないよ。もう来週になったら、稲刈りの器械入って、歩けないよ、ココ。」

 

って😅💦💦💦

 

でも、「彼岸花背景に写真撮ってあげる🤳」

 

 

って、実は写真家の方でした‼️😆‼️

おじさまに彼岸花をバックに写真を撮ってもらって、おじさまのカメラの中の写真も見せてもらって、1時間強、立ち話😆アレ⁉️去年もこんな事あったなぁ😆

 

 

 

過去記事👉ラペッシュで行列2時間待ちの間、マダムとおしゃべり♬(後編)

 

で、この立ち話の間、1時間以上の間、人っ子ひとり通らない🤣

 

「同じ考えの人いないのかなぁ〜」と私。

「おらんわ」とおじさま😭

 

 

行こうと思っていた神社には、駐車場が無いと、ネットで調べた時に書いてあったと言ったら、

「ちゃんと駐車場あるよ」

とおじさまが言うので、今日は、このおじさまとお話しする事になっていたんですね😊と納得。不思議なことがたまに起こる♬

 

 

奈良から和歌山の、各神社の近くを目印に、美味しいお団子屋さんとか、さば寿司の美味しいお店を教えてもらったり、

 

コスモスならここ、ツツジならここ、藤の花ならここ、というのを教えてもらいました☝️

 

スケジュール帳にメモメモ🗓🗓

 

また行ったら、感想を書きますね🤙

 

 

私からは、

モンブランのラペッシュと、

国産小麦使用のパン屋さんのカントリーサイドを、

教えてあげました☺️

 

 

神社には⛩、人がたくさん!!!

車でいっぱい!!!

カメラ持った年配の方の多いこと多い事📷

 

 

彼岸花を撮って居る方は、神社周辺に多数見かけましたが、私の歩いたあぜ道は前述した通り、誰もいないので、撮り放題😊

 

奥様は今日は、自然会ですって🎵

歩く会とか、野草の会とか、それぞれに色々所属していて、とても楽しいし、色んな人と繋がっていける。

 

自然体験会の人は、👉草花に詳しい人とか、虫など昆虫に詳しい人が居る。

その先に👉染色染織する人が繋がる、👉すると、薬学に詳しい人と繋がる。

一つのことをするんだけれど、色んな人と繋がれるというのが、とっても深いんだ。とおっしゃっていました😊

 

共感します‼️

 

今、野草とか興味あると言ったら、

「どこかに所属したら良い、楽しいよ!」

と教えてくれましたし、

「自分でも調べてよ!」と。

 

 

そうなんです!聞きっぱなしじゃなくて、自分でもちゃんと調べたり、足を運んだりする事で、次にはもっと分かっていることが増える‼️

 

やっぱり、私もオールドエージになっても、いつまでも好奇心持って、動いていたいなぁって思いました❣️

 

 

 

もう一つの神社には結局行かず、

帰り道にある穴場を教えてもらって、

 

 

(田んぼの池)

 

お豆腐買って、帰りました🥰

 

 

最近は、お豆腐も、豆腐屋さんで作ったのを買うようになりました(^^)v

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA