「裁縫出来るなら、ブックカバーを作って欲しい」と、お願いされて、ひょんな事から作る事になったブックカバー。

 

見本があったので、

型取りして、

布の柄を上下確認して裁断、

アイロンして、

留の部分を布ボンドを塗って乾かして、

ミシン掛け、

開き口を手縫いして、

アイロン。

 

本が入るか確認して、出来上がり。

 

 

工程を頭で組み立てて、作業時間を考え、作品を1つ作るのは、大変だけれど、注文されなければ絶対に作ることも無かったモノ。

 

一度作ればノウハウも自分のものに。

 

今度マルシェにも呼んでもらえたから、幾つか作って持っていこう🎶

 

 

 

そしたら、娘がすんごく欲しがる☺️

 

そして、出来た中から選ばせたら、とっても喜んで、図書館で借りて来ていた本にカバーして、

胸にギュッと持って、

「ありがとう😆!ありがとう!めっちゃ良い!嬉しい❣️」

って、最近の中では一番喜んで感動してくれて、こちらがびっくりするほど😅

 

 

ばぁばに、「ブックカバー作った」って言ったら、

「今時本読む人いる?」とか言われて、意見が合わないってシュンとしてたから、尚更嬉しかった😇

 

 

私は毎晩寝る前には本を読んでから寝ます。

娘の読み聞かせも続いてる。

 

 

私ほど本に興味がない娘だけれど、毎晩本を読む私の姿を見て、本を好きになって欲しいという想いが少なからずあります。

 

でも、昔ほど本を持ち歩く機会も人も減ってはいると思うけれど、欲しいなと思ってくれる人が居たら、良いなぁと思います😌

 

※文庫本用ではなくて、単行本や、少し大きい本のサイズ感です。

 

大きな花柄の布は、タイの布です。

小花柄の布は、日本産の布で、和装にも合いそうです。

 

 

 

カテゴリー: handmade 手作り

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA