出来上がり写真から♪

圧巻の天丼 ズラ~~~♪

圧巻のざるそば ズラ~~~♪

 

私は、あんまり揚げ物が好きでは無かったので、家で作る揚げ物と言えば、から揚げとコロッケくらいしかしてこなかったんですが、家族には美味しいてんぷらを食べさせてあげたい!!

と、前から思っていたんです(^^;)

 

てんぷらと言えば、店屋物(てんやもん)ばかりでしたから(^^;)

 

でも、てんぷら好きな人多いし!

主人もあんまり言いませんが、好きそう!!

 

日本といえば、“テンプラ” “スキヤキ” “スシ” じゃないですか!!(古っ)

 

上手につくりたい!!

 

今回使った材料は、

●エビ

●小玉ねぎ

●水ナス

●大葉

 

先生の一押しのてんぷら粉を教えてもらって、いざ!!!

 

拍子抜けするほど簡単!!

 

しかも、美味しい?!!

 

なすとか玉ねぎがこんなに美味しいとは!!!

 

メインがなくても、新玉とナスだけでもおかずになる!!

 

やっぱり、いろんな経験をしてみるものです(^^)

 

今回の先生の教え “アジェンダ”は、

☆揚げる順番について☆

あたたかいものは できるだけあたたかく 

つめたいものは できるだけつめたく

 

日本料理は、本当に心配りがあって、勉強になります!

メイン(今回なら海老)を最後に揚げます。

 

てんぷらなどは、目の前のコンロで調理するのが一番!

(京都の一流店なんかは、やはり目の前にコンロを持って来ます。

これ以上のおもてなしはないからです。)

 

一番美味しく食べてもらおうという“気持ち”が、一番の調味料の様な気がしますね☆

 

写真の通り、これだけたくさん作る時は、お野菜を先に揚げてしまいます。

 

団体客を迎えるお店なんかもそうしているようですよ♪

 

そして、お野菜なんかはもうトッピングしておいて、最後のメインだけ揚げては乗せて、お客様のところに出す。という事みたいです(^^)

 

ということは、私は好きなものから食べるので、温かいまま美味しさをいただけますが、

主人と娘は、好きなものを最後に取っておくタイプ!!

 

せっかくの気持ちを、台無しにしてしまうことになっているかも(><;)

 

京都で働いていた時、

「お熱いうちにどうぞ」

と、声をかけていました。

 

“あたたかいものは できるだけあたたかく
つめたいものは できるだけつめたく”

 

提供するのは、お店の心配り。

美味しくいただくのも、食べる側の礼儀・作法かもしれないですね。

 

今は「~映える」で、みんな許してくれるようになりましたが、

はじめの方は、「食べる前に写真を撮る」のを嫌がる人が多かったように思います。

 

でも、時代とともに「許される」ことの多くなった今。

 

怒られることが少なくなって、生きやすい世の中になったといわれますが、本当のところはどうなんだろう?

 

“あたたかいものは できるだけあたたかく

つめたいものは できるだけつめたく”

 

の心を受け継いでいきたいなと思います。

 

「そんなの~、食べたらおんなじだし!写真で残した方が、百聞一見にしかずって言うし~」

 

とか言われるのでしょうか(^^;)

私も上の世代の方々からどう見られているかはわかりません(><;)

 

いやいや、これからも料理教室に通って、アジェンダ残していきたいと思います!!

 

 

※アジェンダとは、「スケジュール帳」や「備忘録」などの意味の他に、「これからなすべき重要な政策課題」や、「公式に実施する行動計画・施策」という意味があります(^^)

 

最近よく聞く横文字なので、覚えておくと、損はないですよ♪

 

私の高校では、“Agenda”と表紙に書かれたスケジュール帳を毎年もらっていましたから、なじみのある単語ではありますが、

 

政治家とかは、とかく横文字っぽいのを並べて使うので、わざとわかりにくくしているのかな?!なんて思う時もあるほど(^^;)

 

日本語は英語よりも語彙が多いから、まとめて言える英単語は便利なのかな?

 

 

 

(もちろんてんぷら粉、買ってきました!

家でも美味しいてんぷらを作りますよ♪)

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA