やっと読めました。

 

ずっと前に手に入れていたのに、この分厚さ(×3冊)。

 

読むなら集中して読みたいし、

 

なかなかページをめくることができなかったのですが、

 

やっと、読むことが出来ました。

 

 

1Q84を読んでいる間は、自分も登場人物のように、

いや作者のように、

考え方とか、言動が引っ張られてしまうので、注意が必要でしたが、

村上春樹は、やはり人物像の模写が秀逸です。

 

そして、事件や宗教は、実在する事柄とリンクしていて、

本当の世の中の動向に沿っている感じなので、

 

私の知識とすりあわせていく感じがしました。

(ほとんど違和感が無いのです。)

 

ということは、

その頃の大きな事件の真相は、だいたいみんなの思っている通りなのかな。

 

でも、そうは思わない人もいるだろうし、考えたことない人もあると思うけれど、自然に想像出来たので、私も立派なハルキストなのかな?

 

今まで読んできた本や資料から、私の想像力は作られていることは間違いなさそうです。影響力半端ないです。

 

村上春樹は、高校生の時に「ノルウェイの森」を読んでから何作か読んでいますが、

世界観に難なく入れたのは、高校生くらいからの読書で、土台が出来ていたからかもしれません。

 

 

 

こんなに長い本を読んだのに、読後感が軽いのは、きっとそのせいですね。

 

そして、しばらく尾を引きます。

 

尾を消すようにどんどん、次々、本を読んでいきたいのですが、

 

本を読み続けるのは難しいです。

 

気になって、ほかの事を投げ出したくなるので(^^;)

 

しかも、今は日中には読書時間を確保できないので、気になって気になって(^^;)

 

 

 

カテゴリー: books

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA