☆1つは、奇跡など全く存在しないかのように生きること

 

もう1つは、全てが奇跡であるかのように生きること

 

 

★シンプルで控えめな生き方が、

誰にとっても、

心にも体にも最善であると信じている

 

 

☆人の価値とは、得たものではなく、与えたもので測られる

 

 

★愛とは与えることと許すこと

与えるとは、見返りを求めないで与えることで、

許すとは、無条件で許すこと

 

 

 

全て、アインシュタインの言葉だそうです。

 

 

 

アインシュタインは、私たちは一人一人が小さな愛の発電機を持っていて、

見返りを求めない愛の力を動かせば、

(アインシュタインによれば、)愛のエネルギーは光の速度の二乗なので、なによりも愛の力は強いんだ

と言っているそうです。

 

 

E=mc2

世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で大きくなる愛によって獲得することができる

さらに、愛には元素がないため、愛こそが宇宙に存在する最大のエネルギーであるという結論にいたった

 

 

と。

 

愛を、LOVEと考えるんじゃなくてね。

 

愛情とか、親の愛とか、感謝とか、

 

考えようと思うものじゃなくて、

 

感覚的に湧いてくるようなもの。

 

それは確かに、早い気がするなぁ。

 

それってわかる?

 

 

 

 

最近知ったんだけれど、「これ位したら、これ位」という基準が合わない人がいて、それが悪いとかじゃなくて、

でも、その人に対して、そう思っている人がたくさんいる事に気づいたときに、

 

「この人は愛の重さを頭で考えているタイプなのかもしれない」って。

 

分かりやすく言うと、損得勘定・せこい・ケチ。

 

 

そういう人なので、それはそれで、その人の生き方だとおもいます。

 

 

だれも、それを変えようなんて思いません。

 

『愛』といっても、人それぞれに、思っていることは違うでしょうし。

 

おにぎり一つ分の愛だって、その人にとって『最上の愛』だと言えば、そうなるし、

 

それでは足りないと思う人の、『愛』の大きさは、

🍙一つ分だった人の想像する、その人も、きっとおにぎり一つの愛を『愛』だと思っていて、2人の『愛』の大きさを比べながらいちいち話さないわけで、

 

お互いの『愛』の大きさは、自分が思っているものとは違うかもしれないと思うことは、必要かもしれません。

 

 

だから、アインシュタイが娘に当てて出した手紙に書かれた『愛』の方程式を、私の『愛』でイメージすることは出来ても、他人のイメージと同じかどうかは分からないわけで、

アインシュタイの言いたかった『愛』って、こういうものだろうなぁって想像することは出来ても、絶対同じとは言えない。

 

 

でも、今まで生きてきて、同じように思う人がいた、コレはこれが一般的、なんて話が成り立ってきて、だいたいはみんな同じ方向を向いていると信じたいけど。。

 

 

 

はじめて会う人とか、

他のことは話が合うのに、『愛』についてだけは違うね~と思う人がいたり。

 

 

 

でも、宗教とかをぶっ飛ばしても、最終的に残るのは『愛』だったりして、

 

宗教によって、『愛』の形が変わるとか、おかしな話で、『愛』を私的に扱っちゃいけないと思う。

 

みんなの『愛』が、本来の『愛』が、分からないと、いけない時代に『今』いるのかなぁとか、思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA